ライフスタイルと家事の負担軽減に役立つ生活情報サイト

>

仕事ベースでライフスタイルと家事及び家事負担の軽減を考える

仕事から考えるライフスタイルと家事

安定感から仕事として未だに好まれる傾向にある正社員や公務員といった働き方であれば、従来の終身雇用型のライフスタイルをベースにすることも難しくなく、家事能力や在宅状況、購入可能な家具・家電を中心にしながら、家に付属する設備や収納スペースを加味しつつ、仕事に影響が出ない範囲での家事も不可能ではないはずです。

しかし、情報通信技術の急速な発達と少子高齢化や経済成長の限界といった社会問題によって雇用状況は悪化の一途を辿った時期が重なり、終身雇用制が崩れた現状において、正社員や公務員の競争倍率は決して低くはないため、フリーランスや非正規雇用、派遣、パート、アルバイトを生業とすることも、夫婦それぞれが働く共働きも、爆発的に増加してしまうことになってしまい、ライフスタイルの多様化が急激に進行しています。

昼夜で異なる家事の要点と家事負担の軽減

料理・洗濯・掃除に加え育児といった代表的な家事のうち、育児に関しては昼夜を問わないことに加え、保護者同士の協力による負担の分散以外に負担を軽減以外に方法がありませんが、料理・洗濯・掃除に関しては、事情が異なり、料理であれば炊飯器や調理機といった家電を用いることで昼夜共に負担を軽減でき、洗濯の場合、ある程度溜めてからまとめて行う事で省力化して負担を減じられ、掃除なら天候を利用すると手間を省けるのではないでしょうか。

昼型のライフスタイルを送る世帯が一般的だった時代は過ぎ去り、夜型のライフスタイルを送る世帯も増えたこともあってか、騒音を巡る隣人トラブルは後を絶ちませんので、家事に伴う生活音を響かせずに洗濯や掃除を行うためには、音と時間に注意を払う必要がありますし、ネット通販やカタログ通販で食材及び食品購入を利用するのも騒音対策につながるかも知れません。


この記事をシェアする