ライフスタイルと家事の負担軽減に役立つ生活情報サイト

>

価値観の多様化に伴うライフスタイルの変化

ライフスタイルを構成するもの

ライフスタイルを文字通りに捉えるなら、生活様式を英訳したものであり、生活の仕方といったところでしょうが、わざわざ、ライフスタイルとして文字数を倍近くに増やしてまで使用されるのは、ライフスタイルが単に生活様式を示すだけでなく、価値観や習慣といった個々人のパーソナリティをも内包した人生観を示す意味合いが強いためでしょう。

よって、ライフスタイルには生活様式と個々人の人生観によって構成されていると言え、個人個人による差異があるものの、生活環境が反映されやすいことから国による差異もあれば、労働環境の影響を受けることから仕事による差異もありますが、比較的他国からの影響が浸透しにくい日本のような島国も国際化と情報通信技術の著しい発達によって、ライフスタイルが更に複雑化しました。

最適な家事はライフスタイルによって異なる

島国かつ保守的な傾向の強い日本におけるライフスタイルの変化は、長らく遅々としたものであり、昼型と夜型の違いこそあれども、ある程度の年齢を重ねれば結婚し、父親が仕事に出て、母親が専業主婦として家庭を守るというスタイルが一般的なライフスタイルのベースであるとの認識が強く残っていましたが、義務教育による若年層への西洋化の浸透と情報通信技術の急速な発達による情報の伝播の影響もあってか、猛スピードで変質してしまい、様々なライフスタイルが生じています。

ライフスタイルに変化が生じれば、生活を維持するために必要となる家事もその影響を受けざるを得ず、料理・洗濯・掃除に代表される各種家事の最適なスタイルもライフスタイルによって異なるわけです。


この記事をシェアする