価値観の多様化に伴うライフスタイルの変化

ライフスタイルがテンプレート化されるほどに似通った価値観の持ち主が多かった時代においては、家事もテンプレート化されたもので過不足ありませんでしたが、価値観の多様化に伴いライフスタイルが変化してしまうと、ライフスタイルごとに適した家事は異なるのが当然なのです。

仕事ベースでライフスタイルと家事及び家事負担の軽減を考える

仕事を価値観の中心としたライフスタイルにおいて、家事に割ける時間はどうしても限られてしまうため、家電やタイミング、天候を利用するなどして効率化を図ると共に、昼夜における周辺環境の違いも意識しながら生活し、生活音の出し方にも注意を払わなければなりません。

生活志向に応じたライフスタイルにおける家事と家事負担の軽減

主な生活志向としては、自然志向、健康志向に加え断捨離志向が挙げられ、自然志向のライフスタイルにおける家事負担を軽減するなら工夫と天候利用を行い、健康志向のライフスタイルでの家事負担を軽減する場合は家電をフル活用、断捨離志向のライフスタイルにおいて家事負担の軽減を望むのであれば効率化を推奨します。

ライフスタイルと最適な家事

アップダウン型をベースとする保守的な性質と島国特有の価値観を併せ持った日本は、国家総動員を前提とした帝国が基礎となっている上、象徴の形とはいえ君主制が残っていることもあって、個々人間の価値観に共通するところが大きく、国全体に似通った価値観が浸透している状態が長らく続き、家父長制も長らく影響を残し続けるなど、個々人の価値観が重視されにくいことから、必然的にライフスタイルも似通いやすい傾向にあり、特に地方ではその傾向が顕著でした。

ところが、近年、長年に渡り共通の価値観を支え続ける柱であった、家父長制が終身雇用制の崩壊によって揺らぐと共に少子高齢化が進むなど、社会問題が表出した時期に情報通信技術が著しく発達したこともあってか、様々な価値観が国内外から情報として流入し、これらに容易に触れやすい状況が生まれ、長年にわたる西洋化教育が急速に芽を出すことになり、若年層を中心に価値観の多様化が一気に進んだことに伴い、ライフスタイルも激しく変化することになったのです。

結果として、日本の価値観の多様化は劇的に進んでしまったために、価値観の影響を多大に受けるライフスタイルもその影響をもろに受け、多種多様な形の価値観に応じてライフスタイルも変化せざるを得なくなってしまい、既存の価値観に基づくライフスタイルが完全に失われたわけではないものの、個々人間の価値観に基づいたライフスタイルとの乖離が著しくなっています。

おすすめリンク

エアコンクリーニングを宮城で頼むならどこの業者?

定期的にエアコンクリーニングを行おう!宮城県で業者に頼む際に気を付けることなどはある?

業務用の超音波洗浄機はどこで使うのか

超音波洗浄機は洗浄したい物の大きさに合わせて選ぼう!業務用の場合はどんな使い道をしているのか。

エアコンのクリーニング専門業者を大阪府で探す

夏到来!大阪府でエアコンクリーニングに特化した専門業者はあるのか?費用相場にも注目しました。